時代は悪ガキを求めている

これまでは、頭脳明晰で勤勉、そして並外れた才能と高い人格を持っている、そんな人物が理想の経営者像だった。典型的な例では、松下幸之助氏、盛田昭夫氏、稲盛和夫氏のような人だ。

 それが、2000年代に入った頃から、これと真逆な人材が成功を収めるようになってきた。例えば、アップルのスティーブ・ジョブズ、フェイスブック(現メタ)のマーク・ザッカーバーグ…。日本で言えば、孫正義氏、柳井正氏などだ。

 彼らは自分が好きなことを好き勝手に追求し、そのために時として周囲の迷惑をも顧みず、場合によってはルールをねじ曲げてでも自分の夢の実現に邁進する。

服装や髪型には無頓着で、周りから変わり者と思われてもまったく意に介さない。いわば「悪ガキ」と言えるようなキャラだ。

これからのシニアも同じではないか。

自分の人生、自分らしく。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント