「人は金を稼ぐために健康を犠牲にし、健康を取り戻すために金を犠牲にする」

これはダライ・ラマ14世が、「人間について驚かされるのはどの点か?」と問われた時の答えの一部だそうである(『LIFE SHIFT2(ライフ・シフト2):100年時代の行動戦略』より)。

いやー、かっこいいぜダライ・ラマ! 皮肉が効いたこの一文、まるでロックスターのようではないか。

お金と幸せの間に相関関係はほとんどないのである。もう少し具体的に言えば、幸せになるために「使える」ツールは、もちろんお金もその中の一つではあるが、その他にも世の中に五万とある。

例えば、ランニングすること、音楽を聴くこと、酒を飲むこと、太陽、水、風、木や草や花、鳥、虫、友達、家族、笑顔、挨拶、歩くこと、走ること、スキップすること、ストレッチ、深呼吸、お寺や神社に参拝すること、風呂に入ること、料理すること、掃除すること……いやもうきりがない。
このように無限にある「幸せになれるツール」の中で、お金とはその中のたった一つに過ぎない。

つまりは「お金があるかないか」だけで人の幸せが決してしまうという考え方は、どう考えても常軌を逸している。

呪縛から逃れよう。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント