「にも関わらず」は人生を支える言葉

医師・作家の鎌田實さんが「にも関わらず」は人生を支える言葉として紹介している。

鎌田さんが、ポーランドにあるアウシュビッツ= ビルケナウ強制収容所に行ったとき、案内してくれたボランティアからこんな言葉を聞いたそうだ。

「希望がなければ生きられなかった。でも、希望だけでは生きられなかった」

過酷な状況を生き抜くには希望をもつことが大事。

それでも、希望をつなぐことができず、自殺していく人もいた。

そんななかで生き抜くことができた人は、毎日丁寧に生活のリズムを作る人だったそうだ。

縦縞の服のしわを伸ばして、少しでも綺麗にしておこうと思ったり、ガラスの破片を拾っておいて髭を剃ったり。こういうことが大事だったと。

絶望的な状況にもかかわらず、自分自身を大切にして生きていく――。

また、高齢になっても若々しい人は「よく動く」「よく食べる」「好奇心」「自分流」を大切にしているということ。

この四つがいきいきと生きる秘訣になっているそうだ。

そこで、 DJ SUMIROCK(スミロック)として、ギネスブックが認定している世界最高齢DJ 岩室純子さんを紹介している。彼女は、1935年生まれの85歳。

彼女は、なんと77歳でライブハウスに初めて行って、DJというものに好奇心を持ち、DJの学校にも通い、ターンテーブルの前に立つようになった。

彼女には「もう年だから」なんて発想はない。

60歳頃にご主人を亡くしたが、昼間は中華料理店の経営をして、閉店後、夜になると新宿の歌舞伎町のクラブへ行って、スミロックに変身している。

人生に納得なんてしてない。“余生”なんてものもない。
だから今日もやりたいことをやる

結局全ては自分の心の持ちようだ。「にも関わらず」と発想で元気に生きていきたいもの。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingジェンダー
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント