8分間の電話

毎日慌ただしく1日が過ぎてゆく。

ハーバード大学の研究で「大切な人と8分間話す時間を予定に組み込む」ことで、幸福感が増すという結果がある。

あなたにとって大切な人、恋しく思う人、もっと一緒にいたいと思う人と話すのだ。

多忙だと「いつか『そのうち時間ができて』、旧友とつながれるようになると考えがち」だが、実際そんなことはない。スケジュールに予定を入れることが大事。

心理療法士のクラウディア・グレイザー・ミューセンは、大切な人の声を聞くことで「感情が整う」と指摘している。

成人240人を対象に行われた2021年の研究では、週に数回、短時間の電話を受けた人は、受けなかった人に比べて、うつ、孤独感、不安のレベルが「急激に低下」していた。

ウォルディンガーいわく、「最も大切な人間関係を少し調整するだけで、私たちの人生に対する感じ方は大きく変わります。大事な人との関係性は、私たちがふだん意識していない活力の源なのです」

大切な人を大事にしよう。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント