男らしく、女らしくは必要か

こんな光景を見たらどう思うだろうか?

①ビアガーデンで大ジョッキを傾け、競馬新聞を読み、タバコをふかす女性

②バーゲンセール会場でたにんを蹴散らして目的物に突進するオヤジ

③韓流ドラマにはまり、流行りのスィーツ巡りをするオッサン

④メンズのパンツやシャツを颯爽と着こなす女性

⑤ブラジャーを身につけるおやじ

⑥リカちゃん人形の髪をとかし、お母さんごっこをする男の子

どうだろう?

いずれも、女性はカッコ良いが、男性はカッコ悪いと感じないだろうか。

また、こんな状況があったらどう思うだろうか?

(1)子供が誘拐され、お父さんが寝込んでしまい、お母さんが記者会見する。

(2)大震災が発生し、お父さんが気を失い、お母さんがお父さんを背負って逃げる。

こうした状況に違和感を感じている限り、ジェンダーの壁は無くならないだろう。

上記の例は全てあっても良いと心の底から思えないと、男女平等とは言えないのでは?と思う。

人それぞれ価値観は違っていい。でも、自分と違うからという理由で相手を否定してはいけない。

悲しいかな、現実はそうなっていない気がする。

こういう世の中が来ても良い。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingジェンダー
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント