不安との向き合い方

誰にでもちょっとした不安や憂鬱な気分になる時があるだろう。

人はそんな気分の時にどうするだろうか?

気を紛らわすために好きな音楽聞いたり、美味しいもの食べたり、映画を見たり。
又は、その不安や憂鬱な気分を深堀りして「何でだろう?」「どうすれば解決できるだろう?」と原因を発見しさえすれば解決できるかもと、分析を延々とすることはないだろうか?

最初のパターンは不安や憂鬱な気分から目をそらす方法だし、次のパターンはあたかも火に油を注ぐような危険な行為だ。心の問題を頭の思考で解決できないし、余計抜け出せなくなる。

ではどうすれば?第3の方法がある。

それは、体の感覚に聞く方法だ。不安や憂鬱な気分は身体のどこかにサインとして出るもの。

そして、それをただ耳を澄ませてじっくり聞くとよい。

不安や憂鬱な気分の時に、体のどのあたりが、どんなふうに感じているのか?

たとえば、みぞおちあたりがずんと重い感じとか、のどが詰まって苦しいとか。

そして、「あー、苦しくて、みぞおちが重くなって辛いんだね」とか「あー、不安で呼吸が浅くなってるんだね、、」「何とかしようと、一生懸命に頑張ってるんだね、、」等々、ただただ身体が感じている状態を認めて感じてあげればいい。

例えは違うかも知れないが、海で溺れた時にもがけばもがくほど溺れていくけれど、力を抜いて水に身を委ねれば助かるような感じかも。

バタバタしないこと。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント