福山雅治「道標(みちしるべ)」

前回の紅白ラストで福山雅治が歌った「道標」が、2/6「道標2022」としてデジタルリリースされた。

改めていい曲だなぁと思う。

紅白では、「みかん畑をやっていた亡くなった祖母のことを歌った歌なんですけれども、ここに立たせて歌わせていただけるのは、僕の両親、祖父母、ご先祖様から受け継いだ命のリレーのバトンを渡してもらえたから。感謝を込めて命をつないでくださった皆さんにお届けしたいと思います。」と挨拶した。

これまた、いいこと言うなぁ。男前だし、、

今自分があるのは、親や先祖のおかげ。命のリレーのバトンを渡してもらってるんだと思うと孤独ではない。

(歌詞)
わたしは その手が好きです
ただ毎日をまっすぐ生きて
わたしたちを育て旅立たせてくれた
あなたの その手が好きです

雨に打たれても土に触って
ひとつひとつ種を蒔く背中は
諦めた夢もきっとあるでしょう
だけど わたしには笑顔で・・・

愛に出逢い 愛を信じ 愛にやぶれて
愛を憎み 愛で赦し また愛を知る
風に吹かれ 迷いゆれて 生きるこの道
あなたの笑顔 それは道標

わたしはこの海が好きです
この弓形に続く線路の
あなたが生まれ育った海に来ると
後悔が軽くなる気がして

傷もためらわず 痛みもかまわず
「勝つこと」ただそれだけが正義と
壊れてもまだ 走り続けるわたしにも
あなたは やさしく・・・

人に出逢い 人を信じ 人にやぶれて
人を憎み 人を赦し また人を知る
風に吹かれ 泣いて笑い 生きるこの道

あなたの笑顔 それは道標
風に吹かれて 走っています
あなたがくれた この生命の道を

わたしは この手が好きです
ほら あなたによく似ている
わたしたちを育て旅立っていった
あなたの その手が好きです

時には立ち止まって、命のバトンリレーをイメージしてご先祖様に感謝してみるのも大事と思う。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    音楽
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント