高村光太郎「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る」

高村光太郎の有名な詩『道程』の言葉。

「僕の前に道はない」とは、自分は誰かと同じ道は歩まないということを断言し、「僕の後ろに道はできる」と言っている。

自分が新しい何かを切り開いていこうという気構え。

必死で新しい何かを作り出していく自分に対して、自然には「守ることをせよ」「気魄を僕に充たせよ」という要求をつきつけ、その要求は「この遠い道程のため」のものであると明かしている。

「この遠い道程のため」を2回くり返すことで、これから成し遂げようとしていることは、とてつもなく大変なことだということを訴えているのだろう。壮大な決意表明。

アントニオ猪木もこんなことを言っている。

よくみんなが「一度きりの人生だから」と言う。一度きりの人生だから何かにチャレンジしてもいいし、チャレンジしなくてもどちらでもいい。人それぞれ。

でも、どうせいつか死ぬのなら、やらない後悔だけは避けたいと思う。それは自分にとって最大なリスクだ。

高村光太郎やアントニオ猪木の「詩」は、勇気を持って何かをスタートしたいときに背中を押してくれるのではないか。

さぁ一歩踏み出そう。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント