自由からの逃走

自由は人がだれでも求める大切な価値観と思われている。でも本当にそうなのか?

エーリッヒ・フロムという哲学者は「自由からの逃走」という本のなかで、本当に自由は幸せなのかを問うている。

フロムが『自由からの逃走』で示したのは自由を得て孤独に陥った人間が、自由から逃げて何かにすがろうとする心理。

私も高校の時から何となく、そう思っていた。

人は本当は誰かに管理されて生きることのほうが、あれこれ考えなくてすむし、楽だと思う人もいるはずだと。

管理から逃れて、自由にやりたいという人はもちろんいる。でもそんな人は、孤独な海を泳ぐようなもの。

だから、そんな大衆心理につけ込んで、ファシズムが広がったのだ。

同様に、いまの社会も同じではないか。

様々な規制緩和がすすみ、様々な選択肢が増えれば増えるほど、心の病も拡大している気がする。

大昔のように、やることが決まっていて、日々生きることが必死の時代のほうがむしろ幸せだったのかも。

自由について考えることは、これからとても大事だと思う。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント