もっと、自分に優しくなろう

自分へ思いやりを持って、自分を慈しんで、自分に優しく接しているだろうか?

ともすれば、「私なんてダメな人間だ」とか、「何であんなことしたんだろう」とじぶんを責めたり、「今のままではダメだ」とか思ったりしないだろうか。

人に優しくできても、自分に対しては厳しく接する人はいるだろう。

しかし、近年の研究では、自分へ優しくすること(英語でSelf-Compassion)が、不安や憂鬱な気分を逓減し、幸福度を高めることが分かっている。

自分が自分自身の優しい友人となって、暖かく穏やかに安心感を持って接することが、このストレス溢れる社会で非常に重要だ。

こんな慈悲のフレーズが有効だ。
・私が安全でありますように。
・私が幸せでありますように。
・私が健康でありますように。
・私の悩み苦しみがなくなりますように。

日々、頑張っている自分をもう少しいたわってあげよう!

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント