「終わりよければ全て良し」(1日)

昔からの慣用句。

1日をどのように終えるかが大事だそう。(ウェルビーイングの石川善樹さん)

石川さんのたとえ話でこんなことが書いてあった。例えば、デート中はとても盛り上がって楽しい時間を過ごしたのに、帰り際にケンカをしてしまうと、せっかく1日の大半は楽しい時間だったのに、その一瞬で台無しになってしまうと。たしかに、そうかもしれない。

1日も同様で、最後にどのように振り返るかで、その1日の印象が大きく変わってくる。特に人は最後の経験で全体を評価してしまいがち。

1日を終える時は、「To Do」ではなく、「To Feel」を

では、1日の何を振り返ったら良いのか?

それは、仕事終わりに「今日一日、何が印象に残っただろうか?」という問いかけを自分にするそう。

オフィスを出る時に、「何が印象に残ったか」を振り返る。

そうすることで、今日という日は人生において、特別な日ではなかったかもしれないけれど、かけがえのない1日であることが実感できるようになる。

「To Do」の振り返りばかりでは、永遠に終わらない業務に追いかけられて、ストレスが溜まる一方かもしれない。

「To Feel」っていいアイデアかも。ウェルビーイングにつなげられそうだ。

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント