人に何かを頼む時のコツは?

心理学者のエレン・ランガーの実験。さぁ、どれが最も効果的な頼み方だったか?

(実験) コピー機の順番待ちの列の先頭へ行き3通りの言い方で頼む

  1. 要求のみを伝える:「すみません、先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  2. 本物の理由を付け足す:「すみません、急いでいるので先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  3. っともらしい理由を付け足す:「すみません、コピーをとらなければいけないので先にコピーをとらせてもらえませんか?」

結果は?

①要求のみの承諾率は60パーセント

②本物の理由を付け足したときの承諾率は94パーセント

③しかし、もっともらしい理由を付け足したときでも、承諾率は93パーセントに達した。

ポイント

人に何かを頼む時に単に「○○してもらえますか?」と言うよりも「○○なので、○○してもらえますか?」と理由をつけると承諾されやすい。ささいな頼みごとの場合は、頼みごとの内容とあまり関係のない理由、こじつけでも承諾されやすい。

これ知っとくと便利だと思う。とにかく、「●●なので、」を会話でもメールでもつけること。

知っておくといいよ。

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント