人を育てるには、信頼して期待したほうがいい。

ピグマリオン効果という言葉がある。

ピグマリオン効果とは、教育心理学の用語で、他者から期待されると成績が向上する現象のこと。

ちなみにピグマリオンとは、ギリシャ神話の登場人物の名前。現実の女性に失望したピグマリオンは自ら彫った女性像に恋をし、像が人間になることを願う。その願いが神によって叶えられるという話。

(こんな実験を行った)
ある小学校で普通の知能テストを、“今後、成績が伸びる児童が分かる特別なテスト”といって実施した。その後、テストの結果とは関係なく無作為に児童を選び、“今後、成績が伸びる子供”としてその名前を担任に伝えた。

するとどうなったか。今後伸びると伝えられた児童の成績が実際に上がったのだ。担任がその児童達が伸びることを信じ、期待をかけたぶん、それが本人達に通じた。

人は信頼され、期待されればそれに応えようとするものだ。

人を育てるなら、信頼して期待したほうがいい。心から信じると相手に伝わるもの。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント