人への思いやり「文章」

LINEであれ、メールであれ文章は必ず書くもの。

文章を書く際、読み手に対してどんな気遣い心配りを意識してるだろうか?

読みやすい文章は「一文60字」以内

 一つのセンテンスで何文字の文章かは相手の読みやすさで重要なポイントだ。

「一文60字」という文字数は、読みやすさを左右する境界線だそうだ。

(読みにくい例)長文だらだらで、読みにくい。

(A) 今回の広告は、商品のヘビーユーザーとなり得るZ世代に向けて、彼らがついSNSで拡散したくなる仕掛けにより、商品の認知度を爆発的に高めるこれまでにないプロモーションとさせていただきました。(93字)

(B)返事が遅くなりまして大変申し訳ございませんが、営業部の方から既存顧客への配慮が足りないので修正した方が良いのではという意見がありまして、再度ご相談させていただきたく、また追ってご連絡さしあげます。(96字)

 「ワンセンテンスが長い」

(A)(B)は、どのように修正すれば良いか考えてみよう。

書くのがしんどい……。それも一文が長いから

 長文は、読み手も書き手も疲弊させてしまい、ウェルビーイングでない。

(読みやすい例、修正)

(A)今回の広告は、商品のヘビーユーザーとなり得るZ世代に向けたものです。(34字)彼らがついSNSで拡散したくなる仕掛けで、商品の認知度を爆発的に高めます。(37字)

(B)返事が遅くなり申し訳ありません。(16字)今回の企画ですが、営業部から既存顧客への配慮が足りないとの指摘がありました。(38字)お手数をおかけしますが、再度ご相談させてください。(25字)詳しいことが決まり次第、追って連絡します。(21字)

分かりやすく伝えること。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント