スティーブ・ジョブズ 伝説の卒業式スピーチ

改めて見た。心に響くとはこういうことなんだ。

彼は56歳と自分とほとんど変わらない年齢で亡くなった。人間本当にいつまで生きていけるかわからないものだと思う。

彼はこのスピーチで3つのポイントを話している。どれも珠玉のメッセージだ。

今回は、ウェルビーイングの視点で、特に1番目の「点を繋げること」について注目したい。

これは、今やっていることが将来どんなことに繋がるかわからないが、興味があることワクワクすることをやり続けることが、次の点に繋がり、またその次の次の点へと繋がり、振り返ってみると「線」になっているということ。

幸せの4つの因子「やってみよう」「何とかなる」にも同じことが言えるだろう。

人生の時間は限られている。心の声に従って「やってみよう」「何とかなる」精神でチャレンジしてみよう。

うまくいく「かも」

これ、是非見てほしい!(人生を変える14分になるかも)

これもウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント